書籍一覧

全100件中1~20件を表示しています。

書籍名順(50音順)

内外価格差の経済分析
長岡貞男 著
発売日 :1999.11.08
定価 :4,104円

なぜ日本は高物価・高コスト構造なのかを、ミクロ経済とマクロ経済の両面から総合的に分析し、生産性パフォーマンスがその要因であることを解き明かす。

詳細ページへ

内外価格差の経済分析
内向の世界帝国 日本の時代がやってくる
増田悦佐 著
発売日 :2009.11.26
定価 :1,836円

サブプライムローン問題に端を発した世界金融危機は、アメリカから日本文明への覇権交代の序曲であった! オランダ、イギリス、アメリカと続く経済覇権交代の法則を、歴史研究と現代日本についての独自の分析を駆...

詳細ページへ

内向の世界帝国 日本の時代がやってくる
長沼さん、エイリアンって地球にもいるんですか?
長沼毅 ほか著
発売日 :2009.06.25
定価 :1,620円

「科学界のインディ・ジョーンズ」の異名をとる深海生物学者・長沼毅の対談集。惑星科学・進化生物学・人工生命・茶道・芸能の6人のトップランナーと、エイリアン(地球外生命)をめぐる科学の最前線を語り合う、抱...

詳細ページへ

長沼さん、エイリアンって地球にもいるんですか?
名古屋と金シャチ
井上章一 著
発売日 :2005.02.15
定価 :1,728円

名古屋市役所の職員バッチ、高速道路の料金所、国際会議場からファンシーグッズまで、名古屋は至る所シャチだらけ。名古屋人の心をとらえて離さないシャチに秘められた文化と歴史を繙く著者の快作。

詳細ページへ

名古屋と金シャチ
ナショナリズムの超克
ウルリッヒ・ベック 著
島村賢一 訳
発売日 :2008.09.08
定価 :4,104円

ナショナリズムでも理想主義でもない、グローバル時代にふさわしい新たな政治経済学とは何か? リスク社会論で知られる著者が、『〈帝国〉』や『文明の衝突』を超えて提唱する21世紀の新しい社会理論。

詳細ページへ

ナショナリズムの超克
なぜ意志の力はあてにならないのか
ダニエル・アクスト 著
吉田利子 訳
発売日 :2011.08.09
定価 :3,024円

人はなぜ誘惑の罠に落ちるのか。金融危機も肥満や浪費、先延ばしの癖もすべては意志の弱さが原因だ。自らの欲望と闘い続けてきた人類の姿を克明に描き、われわれが己に打ち勝つ方法はあるのか、その謎に迫る。

詳細ページへ

なぜ意志の力はあてにならないのか
なぜエラーが医療事故を減らすのか
ローラン・ドゴース 著
林昌宏 訳
入江芙美 訳・解題
発売日 :2015.05.13
定価 :2,700円

いまこそ「医療の安全」について議論しよう! 医療は常にエラーを伴うことによって進化してきた。エラーによる失敗から学ぶことが医療事故を減らすことになる。 日本でも本年10月に施行される「医療事故調査制度...

詳細ページへ

なぜエラーが医療事故を減らすのか
なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか
梅津信幸 著
発売日 :2009.12.09
定価 :2,052円

コンピュータのキレイな文字や画像、実写のようにリアルなCGはどのように作られているのか。人間の視覚とコンピュータのため息の出るような巧妙なしくみが、豊富なイラストと平易なことばで面白いようにわかる、...

詳細ページへ

なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか
なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか
パトリック・レンシオーニ 著
矢羽野薫 訳
発売日 :2011.03.22
定価 :1,728円

大企業のCEOから一転して小さなレストランのマネジャーになったブライアン・ベイリー。彼は店の経営を立て直すことができるのか。組織の生産能力を低下させる3つの徴候をあげ、その解決法を示した手に汗握る組織...

詳細ページへ

なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか
なぜ生態系を守るのか?
松田裕之 著
発売日 :2008.11.29
定価 :2,052円

その場しのぎではなく、絶滅危惧種だけを守ればよいのでもない。科学的議論に基づいた生態系への処方箋を、環境保護の現場をふまえてやさしく解説。冷静かつ手遅れにならない対策とは。

詳細ページへ

なぜ生態系を守るのか?
なぜタクシーは動かなくてもメーターが上がるのか
竹内健蔵 著
発売日 :2013.04.24
定価 :2,052円

バス・鉄道の初乗り運賃、高速道路の大渋滞、ラッシュ時の満員電車、格安航空などについて日頃疑問に思う問題を経済学的思考によって明快に答えていく。自分の頭で考えたい人のための知的レッスン。

詳細ページへ

なぜタクシーは動かなくてもメーターが上がるのか
なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか
ロバート・C・アレン 著
グローバル経済史研究会 訳
発売日 :2012.11.30
定価 :2,052円

国際間の格差が広がっているのはなぜか。その原因をグローバル化に始まる近代化に求める。イギリス産業革命についての新説、その後の世界への波及と経済成長をデータに基づいて分析。「グローバル経済史」入門の...

詳細ページへ

なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか
なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか
関曠野 著
発売日 :2016.05.30
定価 :2,592円

『プラトンと資本主義』『ハムレットの方へ』で衝撃的なデビューを果たし、その後も一作ごとに斬新な問題提起を行ってきた関曠野。 その長年に渡る思索を振り返って語り下ろす。さらに日本史についても、従来の見...

詳細ページへ

なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか
謎解き!江戸のススメ
「謎解き!江戸のススメ」制作班 著
竹内誠 監修
発売日 :2013.02.28
定価 :1,620円

「田沼意次」「江戸のヒーロー」「初鰹」などを取り上げ、「浮世絵や川柳」といった江戸独自の文化を切り口に、時代に秘められた謎を解き明かして「江戸」に迫る!

詳細ページへ

謎解き!江戸のススメ
謎のチェス指し人形「ターク」
トム・スタンデージ 著
服部桂 訳
発売日 :2011.12.21
定価 :2,592円

18世紀に欧米でセンセーションを巻き起こしたチェスを指すミステリアスな人形タークの物語。彼はチェスチャンピオンを打ち負かし、ナポレオンと対戦し、ポーに霊感を与えた。その波乱に満ちた生涯をたどり、真実...

詳細ページへ

謎のチェス指し人形「ターク」
ナットク図解! Windows&Macユーザ必読 Linux入門
NTT出版 編
発売日 :1999.07.01
定価 :1,404円

Linuxを始めてみたいけれど難しいのでは? と悩んでいるパソコン初・中級者に贈るLinux入門の決定版。まずはこの本で基本をマスターしよう。

詳細ページへ

ナットク図解! Windows&Macユーザ必読 Linux入門
7つの都市の物語
松山 巌/川口健一/篠原 琢/河島英昭/小池 滋/増田義男/荒このみ 著
荒このみ 編著
発売日 :2003.02.11
定価 :2,160円

第一次大戦が終わり、近代システムの伸長と期を一にして都市文化・大衆文化が花開いた7つの街――東京、ハノイ、プラハ、ローマ、ロンドン、ブエノスアイレス、ニューヨークを、7人の碩学が旅する。

詳細ページへ

7つの都市の物語
なにが経済格差を生むのか
吉原久仁夫 著
発売日 :1999.01.13
定価 :2,268円

第二次大戦以後、横並びだった東南アジア各国が、なぜ50年でこれだけ経済格差がついたのか。アジア通貨危機の背後にある各国経済の歴史、構造の違いによる制度と文化の要因を分析し、格差を生んだ原因を探る。

詳細ページへ

なにが経済格差を生むのか
名もない顔もない司法
ダニエル・H・フット 著
溜箭将之 訳
発売日 :2007.11.12
定価 :1,944円

司法制度改革により裁判は本当に変わるのか? 改革の裏まで知り尽くしたアメリカ人東大教授による、待望の第二弾! 司法制度改革を考えるうえで必読の一冊。

詳細ページへ

名もない顔もない司法
習わず、覚えず、使って、にっこり
三浦暁子 著
発売日 :2004.02.20
定価 :1,512円

結婚すると、一人で家に取り残されてしまう……。「パソコンなんていらない」と思っていた著者が、マニュアルをまったく読まずにマスターするまでになった奮闘記。疎遠だった家族が主婦を中心に結束を固めるドラマ。

詳細ページへ

習わず、覚えず、使って、にっこり