書籍一覧

全221件中1~20件を表示しています。

書籍名順(50音順)

カーナビからはじめる相対性理論
二間瀬敏史 著
発売日 :2008.10.27
定価 :2,052円

相対性理論はけっして摩訶不思議な理論ではなく、理路整然としたものであること、そしてブラックホールの存在が予言され実際に観測されていること、さらにカーナビがまさに相対性理論の産物であることがわかる。

詳細ページへ

カーナビからはじめる相対性理論
カール・ポランニー
若森みどり 著
発売日 :2011.11.11
定価 :4,320円

市場社会の破壊的な性格を論じた古典『大転換』の著者・カール・ポランニーの思想の全体像に迫る。最新の国際的な研究動向、ポランニー政治経済研究所の未公表資料などを用いて展開される本格的論考。

詳細ページへ

カール・ポランニー
海市―もうひとつのユートピア
磯崎新 監修
発売日 :1998.03.23
定価 :4,104円

《海市――もうひとつのユートピア》プロジェクトの全貌を紹介する。電子ネットワーク社会に生きる我々は、現実の都市に生きるのか,あるいは仮想の都市に生きるのか。

詳細ページへ

海市―もうひとつのユートピア
会社はどこへ行く
奥村宏 著
発売日 :2008.01.16
定価 :2,376円

会社とは何か。それはモノでもなければヒトでもない。原点に立ち返り、歴史的・構造的研究をふまえ、危機にある会社の真の姿に迫る。第一人者による「会社学」の集大成。

詳細ページへ

会社はどこへ行く
会社はなぜ事件を繰り返すのか
奥村宏 著
発売日 :2004.09.22
定価 :1,728円

絶え間なく発生する会社事件を、戦後の日本経済史と会社事件史を一対にある、関係通史として捉え、そこに見いだされる構造を徹底的に分析・検証する。

詳細ページへ

会社はなぜ事件を繰り返すのか
海賊と商人の地中海
モーリー・グリーン 著
秋山晋吾 訳
発売日 :2014.04.23
定価 :3,888円

海賊の黄金時代であった17世紀の大航海時代、オスマン帝国が支配する地中海東部の暴力集団の代表格は、聖ヨハネ騎士団だった。宗教的大義と私掠経済を両立させた論理が、地中海に根ざす規範と慣習に基づくことを...

詳細ページへ

海賊と商人の地中海
海賊の経済学
ピーター・T・リーソン 著
山形浩生 訳
発売日 :2011.03.22
定価 :2,052円

海賊は合理的な経済人だった! 海賊という楽しくも意外な例を使って、経済学の概念をわかりやすく解説する。海賊オタクの経済学者による、とてつもない本。

詳細ページへ

海賊の経済学
開発主義の暴走と保身
池尾和人 著
発売日 :2006.05.26
定価 :2,592円

不倒神話の金融システムに何が起こったのか?! 先進国化した後も存続した開発主義金融制度はバブル経済を生成し、その崩壊後は制度維持のための保身が続いた…。

詳細ページへ

開発主義の暴走と保身
カオス系の暗礁めぐる哲学の魚
黒崎政男 著
発売日 :1997.04.24
定価 :2,268円

コンピュータは人間の思考、感覚に加速度的な影響を及ぼしている。人工知能、電子テキスト、ヴァーチャル・リアリティの視点から我々にとってコンピュータとは何かを思索する。

詳細ページへ

カオス系の暗礁めぐる哲学の魚
科学・技術の二〇〇年をたどりなおす
村上陽一郎 著
発売日 :2008.02.29
定価 :2,052円

19世紀以来の科学と技術の「大変化」は、我々に対し、どのような課題と向き合わせることとなるのか。物理学、生命科学、情報論の進展という、この200年を象徴する知の歩みを検証し、来るべき明日を展望する。

詳細ページへ

科学・技術の二〇〇年をたどりなおす
科学と芸術の対話
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 企画
浅田彰 監修
発売日 :1998.03.23
定価 :2,052円

21世紀へ向けての言葉の花束。映像、音楽、建築、SF、思想など、各界で活躍するクリエイターのインタヴューを中心に構成される。待望の続編、浅田彰監修。

詳細ページへ

科学と芸術の対話
科学! 21世紀の挑戦
クロード・アレグレ 著
林昌宏 訳
中村栄三 監訳
発売日 :2010.08.26
定価 :3,456円

20世紀の科学の進展がもたらした意味と、21世紀の課題を問う。「景気回復の鍵は科学技術のブレークスルーにある。大胆に未来を予見する本書は、ビジネスマン必読の書だ。」竹内薫氏推薦。

詳細ページへ

科学! 21世紀の挑戦
輝ける闇の都市 ロサンゼルス
禪野靖司 著
発売日 :1996.07.16
定価 :1,467円

暴動や大地震など闇の面と「ヘルシーでハッピーでヤッピー」な光の面が常に葛藤し続ける都市L.A.ハリウッドやディズニーランド、フリーウェイ、「食」などを通してL.A.の魅力に迫る!

詳細ページへ

輝ける闇の都市 ロサンゼルス
描きかえられた『鉄腕アトム』
小野卓司 著
発売日 :2008.03.21
定価 :3,024円

長年をかけて『鉄腕アトム』の初出誌を収集し、4度にわたる単行本化との比較を行い、アトムの各エピソードを紹介するとともに、変更のあったコマを精緻に追う。マンガ研究の一級資料ともなる一冊。

詳細ページへ

描きかえられた『鉄腕アトム』
拡大する直接投資と日本企業
清田耕造 著
発売日 :2015.05.22
定価 :2,700円

「第58回 日経・経済図書文化賞」受賞! 加速する企業のグローバル化.日本は本当に「空洞化」しているのか? 90年代以降、多国籍化する企業による対外直接投資が投げかける諸問題を、エビデンス(科学的根拠)に基...

詳細ページへ

拡大する直接投資と日本企業
拡張された次元
坂根厳夫 著
発売日 :2003.03.23
定価 :3,456円

デジタル技術は、芸術・文化にも逃れることができない存在になってきている! 今後どのように我々が科学と芸術との共存をはかるべきかを示唆する。

詳細ページへ

拡張された次元
賢い組織は「みんな」で決める
キャス・サンスティーン/リード・ヘイスティ 著
田総恵子 訳
発売日 :2016.09.08
定価 :1,944円

企業経営の、ネット社会の、そして民主主義の教科書だ! ――荻上チキ(評論家、「シノドス」編集長) 決断を迫られている誰もが読むべき一冊である。 ――ローレンス・サマーズ(元・米財務長官、ハーヴァー...

詳細ページへ

賢い組織は「みんな」で決める
加速する肥満
ディードリ・バレット 著
小野木明恵 訳
発売日 :2010.05.14
定価 :2,376円

人はなぜ太るのか? 理想的な食生活とはどういうものか? 現代の食生活と肥満の問題を進化論と行動医学の観点から鮮やかに読み解き、ダイエットにまつわる誤解を一刀両断。私たちの体の驚くべき真実に迫る。

詳細ページへ

加速する肥満
華族たちの近代
浅見雅男 著
発売日 :1999.09.24
定価 :2,052円

四民平等を謳ったはずの明治政府が「華族」を作った。新たな身分を求めて狂奔する人々の悲喜劇。近代と前近代の相克とも言うべき制度の盛衰を描く傑作歴史ノンフィクション。

詳細ページへ

華族たちの近代
家族の経済学
橘木俊詔/木村匡子 著
発売日 :2008.03.21
定価 :3,456円

結婚、出産、子育て、教育、介護など、家族には人生の一大事が目白押 しである。絆とせめぎ合うなかで、「お金」は家族の判断にどのような影響を及ぼすのか。皆が幸せになるために、どのような選択をしたらよいの...

詳細ページへ

家族の経済学