ホーム > 書籍出版 > 書籍一覧 > 「アメリカ論・大統領選」に関連する書籍一覧

書籍一覧

全16件中1~16件を表示しています。

「アメリカ論・大統領選」に関連する書籍一覧

並び替え
アジア回帰するアメリカ
久保文明/高畑昭男/東京財団「現代アメリカ」プロジェクト 編著
発売日 :2013.03.23
定価 :3,024円

オバマ政権の対(東)アジア政策を軸に、近年起こりつつある米・日・中の関係変化に焦点を当てる。オバマ政権発足時のG2=米中関係強化から日米同盟を再び重要視するアジア政策になぜ変わったのかを、アメリカ外交の...

詳細ページへ

アジア回帰するアメリカ
マイノリティが変えるアメリカ政治
久保文明/松岡泰/西山隆行/東京財団「現代アメリカ」プロジェクト 編著
発売日 :2012.10.23
定価 :3,024円

アメリカのマイノリティの数は増大し続け、2050年には総人口の過半数を占めると予想される。今後、ヒスパニック系の動向が大統領選の結果を左右するともいわれるなど「白人の国家」ではなくなりつつある同国の地...

詳細ページへ

マイノリティが変えるアメリカ政治
オバマ・アメリカ・世界
久保文明/中山俊宏/渡辺将人 著
発売日 :2012.07.31
定価 :3,024円

世界の注目を集めて誕生したオバマ政権だが、内に抱える問題は雇用不安、外に中東の紛争、ユーロ危機と山積する。オバマの行動とヴィジョンは有効だったのか。現代アメリカ政治研究の立場から「オバマ政治」の全...

詳細ページへ

オバマ・アメリカ・世界
ティーパーティ運動の研究
久保文明/東京財団「現代アメリカ」プロジェクト 編著
発売日 :2012.01.16
定価 :3,024円

「新しい保守主義の台頭」「大統領選の台風の目」とも評される新しい運動〈ティーパーティ運動〉は、いつ、どのように誕生し、その本質には何があるのか? 現代アメリカ研究において注目のテーマである同運動を、...

詳細ページへ

ティーパーティ運動の研究
日本の失敗を後追いするアメリカ
服部茂幸 著
発売日 :2011.06.16
定価 :2,592円

FRB議長バーナンキは「〈日本の失敗〉に学んだ。あの過ちは繰り返さない」と明言したが、アメリカは同じ道を辿っている。バブルへの対処と金融規制を主張してきた著者が、アメリカの経済政策に警鐘を鳴らす。

詳細ページへ

日本の失敗を後追いするアメリカ
アメリカの公共宗教
藤本龍児 著
発売日 :2009.11.13
定価 :3,024円

現代文明国家のチャンピオンとして存在するアメリカの精神性の根はどこにあるのか。「アメリカニズム」の本質を、「暗黙の前提」である、その宗教性から問いなおすとき、見えなかった現代文明の課題が浮かび上がる。

詳細ページへ

アメリカの公共宗教
誰がオバマを大統領に選んだのか
越智道雄 著
発売日 :2008.12.19
定価 :1,728円

2008年のアメリカ大統領選挙ほど、アメリカの抱える人種・地域・女性・宗教・階層をめぐる文化的価値観の対立と分裂を明らかにしたものはない。この対立と分裂の先に見えるのは、アメリカの衰退の兆しなのか?

詳細ページへ

誰がオバマを大統領に選んだのか
アメリカ大統領の挑戦
本間長世 著
発売日 :2008.04.26
定価 :2,592円

ウィルソンとローズヴェルトが残した「国際連盟」構想とニュー・ディール政策は、戦争の中に平和を希求した試みだったが、それらはブッシュ大統領やオバマに……。世界の希望は再び、アメリカの手に委ねられるのか。

詳細ページへ

アメリカ大統領の挑戦
共和国アメリカの誕生
本間長世 著
発売日 :2006.02.23
定価 :2,592円

アメリカ思想史の泰斗による本格的通史第二弾の主役は建国のリーダー、ワシントン。勝ち得た「自由」は公共精神に基づき社会の幸福を追求するためにあると考えられていた。超大国アメリカの歴史的起点を振り返る。

詳細ページへ

共和国アメリカの誕生
論理なき帝国
マイケル・マン 著
岡本至 訳
発売日 :2004.12.10
定価 :3,780円

ブッシュ政権の戦略は新たなグローバルオーダーを導き出すことなく、むしろ無秩序な世界を現出させたと主張する著者は、それが如何にして法や人権、民主主義を蝕んでいったかを分析する。ブッシュ批判の理論的主柱。

詳細ページへ

論理なき帝国
アメリカを揺り動かしたレディたち
猿谷要 著
発売日 :2004.09.24
定価 :1,728円

独立、開拓、経済発展。とかく男性的な視点から描かれることの多いアメリカ史だが、じつは魅力と才気にあふれた女性がエポックとなり、切り開いてきた歴史もある。女性史として読むアメリカ。

詳細ページへ

アメリカを揺り動かしたレディたち
帝国とその限界
白石隆 著
発売日 :2004.08.25
定価 :1,944円

日本の外交政策に強い影響力を持つ論客が、帝国化の道をしゃにむに突き進むアメリカの行く手に待ち受けるものは何かを洞察し、アジアの地域が今後どう変貌していくか、日本は如何に行動すべきかを明快に論じる。

詳細ページへ

帝国とその限界
脱「ア」入欧
広井良典 著
発売日 :2004.08.13
定価 :2,052円

日本は内政面では欧州型の社会モデルを志向すべきであり、外交面においてはアメリカとの関係を相対化し、ユーラシアと連携を深めるべきである。内政と外交を一元化した日本の全体的ビジョンを描くオピニオン。

詳細ページへ

脱「ア」入欧
正義のリーダーシップ
本間長世 著
発売日 :2004.06.10
定価 :2,376円

南北戦争はリンカンが大統領に就任した翌月に始まり、南部が陥落したわずか5日後、リンカンは暗殺されてしまう。大統領リンカンを描くことによって、戦争指導者としていかに振る舞ったかを評価する。

詳細ページへ

正義のリーダーシップ
アメリカ大統領の正義
猪口孝 著
発売日 :2000.10.11
定価 :1,026円

米国と英チューダー朝の相似、王朝的米国と封建的日本の相剋、情報公開によって作られる歴史など、新しい視点から眺める日米関係。

詳細ページへ

アメリカ大統領の正義
自由の帝国
アルフレード・ヴァラダン 著
伊藤剛/村島雄一郎/都留康子 訳
発売日 :2000.07.18
定価 :3,024円

21世紀もアメリカの時代である。世界がアメリカ化するのではなく、アメリカが世界化するのである。いま、アメリカがいちばんわかる本。

詳細ページへ

自由の帝国