ホーム > 書籍出版 > サービスデザインの教科書 共創するビジネスのつくりかた

サービスデザインの教科書 共創するビジネスのつくりかた

サービスデザインの教科書 武山政直 著

おススメ本

デザイン思考と経営戦略 奥出直人 著 デザイン思考と経営戦略 奥出直人 著 スティーブ・ジョブズが憧れた日本のものつくりは...
2030年の情報通信技術 NTT技術予測研究会 編著 2030年の情報通信技術 NTT技術予測研究会 編著 情報通信技術の進展はライフスタイルを大きく変え...
みんなの検索が医療を変える イラド・ヨム-トフ 著 みんなの検索が医療を変える イラド・ヨム-トフ 著 データサイエンティスト、医療に挑む! 病気になっ...
賢い組織は「みんな」で決める キャス・サンスティーン/リード・ヘイスティ 著 賢い組織は「みんな」で決める キャス・サンスティーン/リード・ヘイスティ 著 企業経営の、ネット社会の、そして民主主義の教科...

武山政直 著

発売日:2017.08.30
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-2365-6

近日発売

この本の内容

〈価値提供〉から〈価値共創〉へ!
サービスの概念を根底から覆す新しいデザイン手法を、
日本における第一人者が紹介する、決定版入門書!

 「モノのビジネスからコトのビジネスへ」という言葉に代表されるように、近年「サービス」への関心はますます高まり、製品は分かちがたく結びつくようになっており、その流れは、IoT、ビッグデータ、AIの発展によって加速していくと予想される。
 また、ビジネスシーンにおいて「デザイン思考」が急速に注目されているように、「これまでにない新しい価値を生み出す」ためのイノベーションの秘策として「デザイン」への関心が高まっている。
「サービスデザイン」は、そうした期待に応えるために、21世紀に入って急速に発展してきたデザイン手法であり、日本でもにわかに注目されている。しかし、「サービス」も「デザイン」も聴きなれた言葉であるがゆえに、昔ながらの固定したイメージ――サービス=提供されるもの、デザイン=美しい形を作るもの――に引っ張られ、混乱を招いている。
本書では、「サービス」と「デザイン」という概念をときほぐし、新たな定義を与えたうえで、ビジネスシーンのみならず公共政策における「サービスデザイン」の可能性を説く。

目次

はじめに

Part1 「サービス」とはなにか?

第1章 サービスの新しい捉え方
 1 日常におけるサービスとそのルーツ
 2 経済とビジネスにおけるサービス
 3 サービスを捉える新たな発想
 4 「関係」としてのサービス
 5 サービスの交換で社会はまわる

第2章 価値共創としてのサービス
 1 価値共創のビジネスとは?
 2 顧客の関与を引きだすサービス
 3 顧客満足からの脱却
 4 価値共創がもたらすイノベーション

Part1 まとめ

Part2 「デザイン」とはなにか?

第3章 問題解決としてのデザイン
 1 「デザイン」のイメージとその背景
 2 拡がるデザインの領域
 3 デザインが扱う「厄介な問題」
 4 推論としてのデザイン
 5 デザイン・アブダクションの方法

第4章 デザインモードの社会
 1 デザイン思考とはなにか?
 2 デザイナーマインドとは
 3 デザインモードに向かう社会
 4 デザインモードの展開
 5 企業におけるデザインモード

Part2 まとめ

Part3 「サービスデザイン」とはなにか

第5章 サービスデザインの誕生
 1 サービスデザインの歴史
 2 サービスデザインの6つの特徴

第6章 サービスデザインの実践
 1 サービスデザインのプロセス
 2 サービスデザインのテクニック

第7章 サービスデザインのケーススタディ
 1 ポルトガル空港のサービス改革――ケース①
 2 メイヨー・クリニック――ケース②
 3 ロンドン・オリンピック2012における観客体験――ケース③

Part3 まとめ

Part4 サービスデザインのこれから

第8章 新たな事業機会の発見
 1 顧客のリソースをつなぐ
 2 技術革新とリソースの組み替え
 3 デザインによる意味の転換
 4 サービスにおける意味のイノベーション

第9章 組織のサービスデザイン
 1 従業員のエクスペリエンス
 2 働き方をデザインする
 3 デザイン戦略を策定する
 4 戦略的パートナーシップのデザイン

第10章 公共のサービスデザイン
 1 なぜ政府にイノベーションが求められているのか?
 2 デザインアプローチへの高まる期待
 3 公共組織へのデザインアプローチの導入にあたって
 4 政策や公共サービスへの住民参加
 5 多様なデザインアプローチ
 6 サービスの提供から、共同生産へ
 
Part4 まとめ

おわりに

著者紹介

武山政直 (たけやま・まさなお)
慶応義塾大学経済学部教授。1994年 カリフォルニア大学サンタバーバラ校大学院博士課程修了。Ph.D.取得。専門は経済地理、空間行動分析、都市情報化、サービスデザイン。ARG(代替現実ゲーム)の先駆者。経済地理をベースに、都市を「文化的経験価値の生産と消費の場」と位置づけて、都市の情報化や空間行動分析を行い、人々のライフスタイルおよび消費行動と結びつける研究を行っている。近年は都市メディア論を背景にサービスデザインの研究に従事し、実践的な産学共同研究を推進。Service Design Network日本支部共同代表。内閣府経済財政諮問会議専門委員。(株)ACTANT デザインコンサルタント。