ホーム > 書籍出版 > EUは危機を超えられるか 統合と分裂の相克

EUは危機を超えられるか 統合と分裂の相克

EUは危機を超えられるか 岡部直明 編著 EU研究会 著

おススメ本

緊縮策という病 マーク・ブライス 著 緊縮策という病 マーク・ブライス 著 ギリシャは緊縮策で復活できるのか?! 金融危機の...
EUとフランスの競争政策 和田聡子 著 EUとフランスの競争政策 和田聡子 著 EUは経済社会のルール基盤としての競争政策をいか...
新しい国際通貨制度に向けて 高木信二 著 新しい国際通貨制度に向けて 高木信二 著 世界経済を支える国際金融システムをIMF等の国際機...

岡部直明 編著 EU研究会 著

発売日:2016.10.17
定価:2,592円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-2360-1

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

今、EU問題で考えるべきことは何か?

英国のEU離脱後、分裂の危機を深めるEU。ユーロ危機、難民問題など様々な問題にどう対処していくのか。大戦の反省を踏まえて出発したEUという壮大な試みの前途を予測するべく、EU問題のエキスパートが総結集して徹底的に分析する。

目次

序論 試練の大欧州

第1部 分裂か再統合か
 第1章 EU離脱で英国はどこに向かうのか(吉田健一郎)
 第2章 未曽有の難民危機に揺れるEU(平石隆司)
 第3章 反EU気運は広がるか?(吉田健一郎)
 第4章 ドイツの独り勝ちは続くのか(平石隆司)

第2部 ユーロ危機を超えて
 第5章 ユーロ危機は終わったか(林秀毅)
 第6章 ギリシャ危機はなぜ終わらないのか(伊藤さゆり)
 第7章 ユーロの構造問題とは何か(夏村徳彦)
 第8章 危機克服の立役者ECBに差す影(田中理)
 第9章 銀行同盟と欧州金融システムの安定性(勝悦子)
 第10章 雇用の構造不安は解消するか(伊藤さゆり)

第3部 世界のなかのEU――グローバル・アクターとして
 第11章 EUと中東危機(脇祐三)
 第12章 ウクライナの政変とクリミア編入(田中理)
 第13章 中国との連携は新局面に(林秀毅)
 第14章 日欧経済連携の可能性(塚本弘)
 第15章 第4次産業革命を先導(廣澤孝夫)

著者紹介

【編者略歴】
岡部直明 (おかべ・なおあき)
1947年高知生まれ。明治大学国際総合研究所フェロー。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、日本経済新聞入社。東京本社編集局産業部、経済部記者等を経て、1983年ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、経済部次長、取締役論説主幹、2012年から明治大学国際総合研究所顧問・フェロー。『ドルへの挑戦』『主役なき世界』(以上、日本経済新聞出版社刊)