ホーム > 書籍出版 > 訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティ戦略 

訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティ戦略 

訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティ戦略 髙取芳宏/大河内智秀 編著

髙取芳宏/大河内智秀 編著

矢倉信介/草場英仁/関原優/井上孝彦 執筆

発売日:2015.04.23
定価:3,024円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-0356-6

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

訴訟・コンプライアンスのために、企業がすべきこと

国境を超えたビジネスが増え、データ・プロテクションとコンプライアンスの重要性が高まりつつあるいま、企業は自社の秘密情報を守るために、どのようなセキュリティ対策をとるべきか?
ビジネスの最前線で活躍する国際弁護士と情報セキュリティ専門家が、法律と情報技術の側面から、「予防段階」「戦略構築段階」「紛争・調査遂行段階」の3段階において必要な具体的対応策を解説する。

目次

第1章 データ・プロテクションの重要性と戦略
第2章 企業における情報漏洩の現状と具体的対応策
第3章 サイバーセキュリティ対策の実装
第4章 討議 法律家と情報セキュリティ専門家はいかに協働できるか

著者紹介

【編著者】
髙取芳宏(たかとり・よしひろ)
1963年生まれ。弁護士。
著書に『企業間紛争解決の鉄則20』(中央経済社)がある。

大河内智秀(おおこうち・ともひで)
三井物産セキュアディレクション・調査研究部シニアプロデューサー。
共監修著に『サイバー攻撃からビジネスを守る』(NTT出版)などがある。

【執筆者】
矢倉信介(やくら・しんすけ)
弁護士。オリック東京法律事務所・外国法共同事業訴訟部パートナー。

草場英仁(くさば・ひでかず)
CISSP。東京大学先端科学技術センター研究員。三井物産セキュアディレクション・R&Dセンター長。

関原優(せきはら・まさる)
三井物産セキュアディレクション・コンサルティング事業部長・兼官公庁事業部副事業部長。

井上孝彦(いのうえ・たかひこ)
CISA。三井物産セキュアディレクション・コンサルティング事業部勤務マネージャ/チーフコンサルタント。