ホーム > 書籍出版 > 地域情報化で地域経済を再生する 

地域情報化で地域経済を再生する 

地域情報化で地域経済を再生する 山中守 著

山中守 著

発売日:2013.07.16
定価:4,104円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-0336-8

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

伝統産業とICTの”結びつき”が地域経済を発展させる。そのためには、地域は大都市に集中している人材を獲得し、情報産業を育成しなければならない。国内外の事例を紹介しながら、今後のICTによる地域再生の未来像を描く。

目次

第Ⅰ部 情報化による地域経済の変貌
 1章 地域社会再生への課題
 2章 情報化で地域が変わる
 3章 ケーススタディ:イギリスにおけるICT活用による地域再生
 4章 地域情報化の進め方

第Ⅱ部 ICT時代における地域再生の方法を探る
  5章 情報化による経済格差
  6章 地域経済の発展要因を探る
  7章 アジア・アフリカに普及した日本の「地域づくり」システム
  8章 「世界農業遺産」を支える情報発信力

第Ⅲ部 情報化で変わる消費経済とライフスタイル
  9章 ICTの進展で変貌した食料経済
  10章 情報化が消費者の欲求を喚起
  11章 自然との共生で救われるICTストレス社会
  12章 今後のビジョン――地域情報化の三段階展開で人と地域が変わる

著者紹介

山中守(やまなか・まもる)
1948年生まれ。熊本大学教育学部教授。専門は経済学、情報システム論。全国地域情報化推進協会・地域情報化アドバイザー。
著書に『マルチメディア社会と地域づくり』(編著・九州テレコム振興センター)などがある。
情報通信の発展への功績により、平成25年度「電波の日・情報通信月間」記念式典において九州総合通信局長表彰を受ける。