ホーム > 書籍出版 > 漁業という日本の問題 

漁業という日本の問題 

漁業という日本の問題 勝川俊雄 著

勝川俊雄 著

発売日:2012.04.12
定価:2,052円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-6055-2

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

日本の漁業はすでに危機的な状況にある。しかし適切な資源管理を中心とした制度改革を実現すれば、自立した、持続的に儲かる産業に再生することは可能だ。気鋭の研究者が現状を明らかにし、再興への道筋を示す。

書評掲載情報

週刊現代(2015年6月6日号)
東京新聞(2015年5月10日付)

目次

第1章 食卓から見た魚
第2章 日本漁業の現状
第3章 持続的に儲かる漁業の方程式
第4章 日本漁業の処方箋
第5章 ノルウェーの漁業改革
第6章 ニュージーランドの漁業改革
第7章 なぜ日本では乱獲が社会問題にならないのか?
第8章 解決への道筋――クロマグロの資源管理

著者紹介

勝川俊雄(かつかわ・としお)
1972年生まれ。三重大学生物資源学部准教授。専門は水産資源管理と資源解析。
著書に『日本の魚は大丈夫か』(NHK出版新書)が、監訳書に『魚のいない海』(NTT出版)がある。