ホーム > 書籍出版 > コミュニケーションするロボットは創れるか 記号創発システムへの構成論的アプローチ

コミュニケーションするロボットは創れるか 記号創発システムへの構成論的アプローチ

コミュニケーションするロボットは創れるか 谷口忠大 著

谷口忠大 著

発売日:2010.03.29
定価:2,808円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-0283-5

品切れ

この本の内容

人間のようにコミュニケーションするロボットを実際に創ろうとすることで、コミュニケーションとはいったい何なのかを探る。人間の生活空間で活動するロボットの実現には何が必要かを考察し、記号創発システムを提案する。

目次

第1章 コミュニケーションする機械
第2章 自律ロボットと概念
第3章 シェマモデル
第4章 行動創発
第5章 コミュニケーションと自律適応系
第6章 記号過程の創発
第7章 記号創発システム論

著者紹介

谷口 忠大(たにぐち・ただひろ)
1978年生まれ。立命館大学情報理工学部知能情報学科助教、独立行政法人情報通信研究機構・客員研究員。