ホーム > 書籍出版 > 行動ゲーム理論入門 

行動ゲーム理論入門 

行動ゲーム理論入門 川越敏司 著

川越敏司 著

発売日:2010.03.17
定価:2,700円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-2258-1

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

実験経済学の研究から生まれた最新分野「行動ゲーム理論」の初めての本格的入門書。従来のゲーム理論がもっていた「クールで合理的な人間」という前提を修正し、感情をもった不合理な、リアルな人間の行動の解明をめざす。

目次

第0章 行動ゲーム理論の概要
第1章 決定不能性
第2章 混合戦略
第3章 学習理論
第4章 予測と推論
第5章 ロジット均衡
第6章 コーディネーションとコミュニケーション
第7章 メカニズム・デザイン論
第8章 社会的学習と制度変化

著者紹介

川越敏司(かわごえ・としじ)
1970年生まれ。公立はこだて未来大学複雑系科学科准教授。
著書に『実験経済学』(東京大学出版会)がある。訳書にブラムス『旧約聖書のゲーム理論』(東洋経済新報社)、スティグリッツ『オークションの人間行動学』(日経BP社)などがある。