ホーム > 書籍出版 > 書籍一覧 > ジャンル別 > 自然科学

書籍一覧

全90件中1~20件を表示しています。

ジャンル別

営繕論
内田祥士 著
発売日 :2017.12.08

【 建築・都市レビュー叢書 】   リノベーションはなぜ困難なのか?  「営繕」とは、もともと「営造」の「営」と「修繕」の「繕」からなる熟語で、千数百年に及ぶ歴史を持つ専...

詳細ページへ

営繕論
東京大学が文京区になかったら
樺山紘一/伊藤毅/初田香成/松山恵/赤松加寿江/高橋元貴/森朋久/勝田俊輔 著
発売日 :2017.11.27

No.1文教地区はいかにして生まれたか東京23区の中心に近く、俗にいう「山の手」の一角にある文京区。いまや全国きっての文教地区として知られるこのまちは、いかにつくられたのか。江戸時代には大半が武家地によ...

詳細ページへ

東京大学が文京区になかったら
モダニズムの臨界
北山恒 著
発売日 :2017.07.31
定価 :2,808円

【 建築・都市レビュー叢書 】   時代が引きちぎられるとき その亀裂に建築は生まれ 新たな都市の夢を描く。1970年代から50年近くにわたって都市と建築を眺めてきた建築家・北山恒の...

詳細ページへ

モダニズムの臨界
みんなの検索が医療を変える
イラド・ヨム-トフ 著
山本久美子 訳
石川善樹 監修
発売日 :2017.05.01
定価 :2,160円

データサイエンティスト、医療に挑む!  病気になったとき、私たちは、医者に相談する前に、ネットで検索するようになって久しい。データサイエンティストである著者は、オンライン上で病気の患者や家族...

詳細ページへ

みんなの検索が医療を変える
妹島和世論
服部一晃 著
発売日 :2017.03.24
定価 :2,592円

【 建築・都市レビュー叢書 】   建築界待望の若手レビュアー現わる ! 建築のモダニズム、ポストモダニズムの流れを、突然「切断」するかのように現れた妹島和世。その発想の...

詳細ページへ

妹島和世論
協力する種
サミュエル・ボウルズ/ハーバート・ギンタス 著
竹澤正哲/大槻久/高橋伸幸/稲葉美里/波多野礼佳 訳
発売日 :2017.01.31
定価 :5,400円

【 叢書《制度を考える》】   現代の〈知の巨人〉ボウルズ&ギンタスの主著、ついに登場!  ゲーム理論、経済実験を駆使し、人類の「協力」の進化を壮大なスケールで描く。経済学か...

詳細ページへ

協力する種
近代科学の形成と音楽
ピーター・ペジック 著
竹田円 訳
発売日 :2016.12.11
定価 :5,400円

音楽なくして近代科学の発展はなかった! 音楽が、天文学、数学、物理学、生物学などの自然科学分野に与えた影響を、古代から現代に至る壮大なスケールで明らかにする画期的な著作。 ケプラーの法則に音楽が影響...

詳細ページへ

近代科学の形成と音楽
遺伝子の社会
イタイ・ヤナイ/マルティン・レルヒャー 著
野中香方子 訳
発売日 :2016.10.17
定価 :3,024円

『利己的な遺伝子』から40年 進化生物学の最前線  本書は、ドーキンス『利己的な遺伝子』(1976)以後40年の進化生物学研究の豊かな蓄積を背景に、遺伝子たちが生存への闘いの中でどのように協力あるい...

詳細ページへ

遺伝子の社会
使える脳の鍛え方
ピーター・ブラウン/ヘンリー・ローディガー/マーク・マクダニエル 著
依田卓巳 訳
発売日 :2016.04.14
定価 :2,592円

本当の勉強法を知りたいのなら、この本は宝の山だ!──池谷裕二(東京大学薬学部教授) 最新の実証研究が解き明かす、驚くべき「記憶と学習の真実」。 「復習する」「同じ教科に集中して取り組む」「線引きを使い分...

詳細ページへ

使える脳の鍛え方
文化進化論
アレックス・メスーディ 著
野中香方子 訳
竹澤正哲 解説
発売日 :2016.02.08
定価 :3,672円

諸科学の進化論的アプローチを網羅する 近年、人間行動の進化に対する関心が高まっている。単に遺伝子の影響からのみ進化を説明するのではなく、人間の「文化」についての学習や継承の影響を科学的な手法で検証...

詳細ページへ

文化進化論
シンギュラリティ
マレー・シャナハン 著
ドミニク・チェン 監訳
発売日 :2016.01.29
定価 :2,592円

松尾豊氏(東京大学准教授)推薦 人間の脳の活動すべてを、コンピュータで模擬できるとしたら? そしてシミュレートされた脳を物理的な身体とつなぐことができたなら? 人工知能の発展の先に浮かび上がる問題の描き方...

詳細ページへ

シンギュラリティ
ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者
稲川直樹/桑木野幸司/岡北一孝 著
発売日 :2014.12.22
定価 :6,912円

ブラマンテがいなければ、16世紀以降の建築史が全く別のものになっていたと言われるほど、彼が後世に及ぼした影響は大きい。ラファエロに建築の手ほどきをし、ミケランジェロと教皇の寵を競った、偉大な建築家の...

詳細ページへ

ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者
批判的工学主義の建築
藤村龍至 著
発売日 :2014.09.24
定価 :1,944円

建築家・藤村龍至の思考を集成した、初単著。情報技術によるネットワーク化と経済のグローバル化によって、建築や都市はどう変化したのか。建築家は何ができるのか。現代特有の建築の分析を通して、新しい建築・...

詳細ページへ

批判的工学主義の建築
世界はデタラメ
ブライアン・クレッグ 著
竹内薫 訳
発売日 :2014.06.30
定価 :2,376円

わたしたちを取り巻く世界は、カオスと無作為がからみあう「ダイスワールド」=デタラメの世界だ。カジノのルーレット、地震を引き起こすカオス、量子の奇怪なふるまいまで、宇宙の驚くべき現実をときほぐす「偶然...

詳細ページへ

世界はデタラメ
モール化する都市と社会
若林幹夫 編著
発売日 :2013.10.10
定価 :3,672円

ショッピングセンター・ショッピングモールに複数の視点からアプローチすることで、多角的に現代の社会、文化、都市について考察する。

詳細ページへ

モール化する都市と社会
自然を名づける
キャロル・キサク・ヨーン 著
三中信宏/野中香方子 訳
発売日 :2013.08.28
定価 :3,456円

18世紀の天才リンネから始まった生物分類学は、20世紀になって「魚は存在しない」との結論に至った。なぜ?! そこには科学と直感との間の抗争があった。生物分類学の歴史を平易に語り、人間にとって「分類」とは...

詳細ページへ

自然を名づける
中央線がなかったら 見えてくる東京の古層
陣内秀信/三浦展 編著
発売日 :2012.12.21
定価 :2,052円

東京・中央線沿いの街を、古地図や地形図を片手に歩く。近代の産物である中央線を視界から取り去ると、武蔵野、多摩の原構造がくっきり浮かびあがり、眠っている古代、中世の要素が見えてくる。東京の隠れた魅力...

詳細ページへ

中央線がなかったら 見えてくる東京の古層
系統樹曼荼羅
三中信宏 文
杉山久仁彦 図版
発売日 :2012.11.09
定価 :3,024円

人類は歴史を通じて分類を行い、系統樹などの図像表現を用いてきた。それらはいわば図形言語であり、科学の出発点である。生物学者三中信宏と、デザイナー杉山久仁彦のコラボレーションによる系統樹図像の集大成...

詳細ページへ

系統樹曼荼羅
都市は人類最高の発明である
エドワード・グレイザー 著
山形浩生 訳
発売日 :2012.09.24
定価 :3,564円

無秩序に広がる都市こそが、人類にとって最も必要なものなのだ! 都市が人類の進歩に果たしてきた役割を分析し、その重要性を明快に指摘する新しい都市論。都市を高層化・高密化させて発展させることが人類の進歩...

詳細ページへ

都市は人類最高の発明である
スマートグリッド「プランB」
加藤敏春 著
発売日 :2012.05.10
定価 :2,052円

東日本大震災と福島第一原発事故後の電力需給のひっ迫化、世界的な石油需給問題への抜本的な対応として、次世代電力網スマートグリッドを日本全体に構築する「プランB」を提示。需要創出型イノベーションで日本再...

詳細ページへ

スマートグリッド「プランB」